ヘルプ&よくあるご質問

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

× Special Content SPECIALコンテンツ 日藝CROSS 日藝チャンネル Main Content HOME CAMPUS NEWS /ART INFORMATION 日藝とは 日藝の特徴 学部長メッセージ 日藝賞 産官学連携プロジェクト 日藝博覧会 教育研究上の目的 教育方針 日本大学芸術学部の教育方針 日本大学大学院芸術学研究科の教育方針 日藝の沿革 広報誌・刊行物 学部広報誌 学科刊行物 入試関係 情報公開 学科・大学院 学科案内 写真学科 映画学科 美術学科 音楽学科 文芸学科 演劇学科 放送学科 デザイン学科 学科共通授業 大学院 大学院芸術学研究科 文芸学専攻 映像芸術専攻 造形芸術専攻 音楽芸術専攻 舞台芸術専攻 芸術専攻(博士後期課程)--> 学生生活 学部行事 クラブ・サークル 授業について 履修について 試験について 取得できる資格について シラバス参照操作方法について 成績評価について 国際交流・留学 派遣交換留学生 短期海外研修 ヨーロッパ研修旅行 奨学金について 奨学金制度 日本学生支援機構奨学金 その他の奨学金 進路・就職 就職サポート 就職指導 就職指導講座 就職状況 インターンシップ NU就職ナビ 企業の皆様へ 卒業生の活躍 入試情報 オープンキャンパス 進学フェア・入試相談会・大学見学 募集要項 一般選抜 N全学統一方式 専門試験併用型 一般選抜 N全学統一方式 学力検査型 総合型選抜 学校推薦型選抜(公募制) 校友枠選抜 外国人留学生・帰国生入試 編入学・転部試験 大学院入試 学費について 入試Q&A 資料請求 大学院 資料請求 キャンパス・施設紹介 江古田キャンパス 施設紹介 図書館 図書館TOP 利用案内 OPAC 電子資料 付属施設 芸術資料館 芸術研究所 訪問者別コンテンツ 受験生の方へ 在学生の方へ 事務手続き 事務取扱について 書類の発行・届出について 在校生各種証明書 各種願(届)書 学費等の納入 学生生活サポート NU-AppsG / NU-Appsについて 卒業生の方へ 卒業生各種証明書 学位記の受け取り方法について 日本大学藝術学部校友会 保護者の方へ 学校の先生方へ 一般の方へ 企業の皆様へ 資料請求 お問い合わせ先 交通アクセス サイトマップ --> Japanese English NICHIGEI PORTAL 資料請求はこちら Japanese English NICHIGEI PORTAL --> お問い合わせ先 交通アクセス サイトマップ 日藝とは 日藝の特徴 学部長メッセージ 日藝賞 産官学連携プロジェクト 日藝博覧会 教育研究上の目的 教育方針 日本大学芸術学部の教育方針 日本大学大学院芸術学研究科の教育方針 日藝の沿革 広報誌・刊行物 学部広報誌 学科刊行物 入試関係 情報公開 学科・大学院 学科案内 写真学科 映画学科 美術学科 音楽学科 文芸学科 演劇学科 放送学科 デザイン学科 学科共通授業 大学院 大学院芸術学研究科 文芸学専攻 映像芸術専攻 造形芸術専攻 音楽芸術専攻 舞台芸術専攻 芸術専攻(博士後期課程)--> 学生生活 学部行事 クラブ・サークル 授業について 履修について 試験について 取得できる資格について シラバス参照操作方法について 成績評価について 国際交流・留学 派遣交換留学生 短期海外研修 ヨーロッパ研修旅行 奨学金について 奨学金制度 日本学生支援機構奨学金 その他の奨学金 関連コンテンツ 事務手続き 在校生各種証明書 各種願(届)書 学費等の納入 学生生活サポート アパート・マンション・学生会館 NICHIGEI PORTAL LOGIN NU-AppsG / NU-Appsについて 進路・就職 就職サポート 就職指導 就職指導講座 就職状況 インターンシップ NU就職ナビ 企業の皆様へ 卒業生の活躍 関連コンテンツ 卒業生各種証明書 学位記の受け取り方法 入試情報 オープンキャンパス 進学フェア・入試相談会・大学見学 募集要項 一般選抜 N全学統一方式 専門試験併用型 一般選抜 N全学統一方式 学力検査型 総合型選抜 学校推薦型選抜(公募制) 校友枠選抜 外国人留学生・帰国生選抜 編入学・転部試験 大学院入試 学費について 入試Q&A 資料請求 大学院 資料請求 キャンパス・施設紹介 江古田キャンパス 施設紹介 図書館 図書館TOP 利用案内 OPAC 電子資料 付属施設 芸術資料館 芸術研究所 資料請求 TOP 学科・大学院 学科案内 学科共通授業 教育 学科共通授業 --> 芸術教養課程 芸術教養課程科目 芸術教養課程では、芸術創造教育及び芸術総合教育の更なる充実を目指し各科目が設置されています。芸術・文化の基礎知識への理解、人間・社会・自然への理解、異文化への理解、健康への理解などを深めていきます。1年次の芸術に関する基礎理論から、上級年次の大学院を視野に入れた演習まで、多様な科目が設置されています。 芸術教養科目 外国語科目 保健体育科目 芸術教養科目 芸術・文化の幅広い教養、芸術の総合的視野を身につけるための科目。知の多様性を満たし、基礎学力を強化します。「芸術総合講座」も、この科目群に含まれます。 教員紹介 櫻井 歓[教授] Kan SAKURAI[主な担当科目]アートと教育日本大学研究者ガイド 髙久 暁[教授] Satoru TAKAKU[主な担当科目]美学I・II/芸術学I・II/表演芸術論日本大学研究者ガイド 山本 守和[教授] Morikazu YAMAMOTO[主な担当科目]情報I・II日本大学研究者ガイド 吉野 大輔[教授] Daisuke YOSHINO[主な担当科目]人間の心理I・II/芸術と心理I日本大学研究者ガイド 加藤 亮介[准教授] Ryosuke KATO[主な担当科目]メディア・リテラシーⅠ・II/メディア芸術論日本大学研究者ガイド 小堀 裕子[専任講師] Yuko KOBORI[主な担当科目]日本国憲法/法と政治日本大学研究者ガイド ピックアップ授業 メディア・リテラシー 芸術や創作の一つの行方である「メディア」について学び、メディア創造のための素地を養います。メディア芸術の読み解きから、最新のメディア産業の構造に至るまで、幅広い論点を扱います。もちろん、授業内容は毎年アップデートされていきます。 芸術と心理 「芸術療法」や「イメージと象徴」等をテーマに取り上げ、芸術と心理学の関係性を学びます。古代の神話・昔話から現代のポップカルチャーまで、さまざまな作品に触れながら、人間の成長や再生の過程における表現の重要性について考察します。 芸術総合講座 一覧 アート・マネジメント 芸術の「発信者」と「受信者」をつなぐ企画や運営など「アート・マネジメント(芸術運営)」の領域の仕事とは何かを学びます。美術・デザイン・写真などの展示系と演劇・オペラ・舞踊・音楽領域の上演系の2つのテーマを隔年で開講しています。様々な分野の第一線で活躍する方々を招き、現場に即したヴィヴィットな講義を展開します。 広告企画実務 芸術総合学部の特徴を生かし、多メディアにわたる広告表現教育と、企画力のある人材育成を目的にした講座。広告コミュニケーションの「いま」を理解した上で、広告の発想・企画から実際までを総合的・多角的に学びます。専任教員・非常勤講師に加え、広告の企画や制作に関連する様々な現場で活躍する第一線の方々をリレー形式で招き、ケース・スタディーを通して充実した授業を展開します。 映像ビジネス 映画業界を中心に、現代の映像ビジネスの全体像について学びます。邦画製作や外国映画の買い付け、宣伝、映画館興行、DVD、テレビ放映、映画祭などの分野で、メジャーからアート系までさまざまな映像ビジネスの第一線で活躍する方々を招き、それぞれの現状と将来像について事例をもとにした講義をします。 著作権と知的財産権 出版業界・メディア業界で必須の知識である著作権や作品の権利処理に関する内容を学びます。第一線で活躍するメディアビジネスの専門家や作家、マンガ家、エンターテインメントに携わる弁護士、映像・音楽・デザイン・ネットなどの実務担当者を招き、事例をもとにした実践的講義を行います。 【東北新社冠講座】映像コンテンツプロデュース論 東北新社グループによる、プロデューサーを軸とした映像コンテンツの制作システムを実践的に学ぶ、企業体験の講座です。CM・映画・テレビ番組・WEBなどの現職プロデューサーが講師となり、自身が手掛けた作品などを実例にとりあげながらプロデュース業務を解説。特にCMプロダクションマネージメント実習講義では、プロデューサーにとって最も大切な仕事である「予算設定」「スケジューリング」「スタッフィング」などを学生自らが体験することにより、プロデュース業務を深く理解していく内容になります。 連携プロジェクト実務 本学部のユニークな特色を活かした課題解決を実行する起業家精神(日藝型アントレプレナーシップ)を養うために、外部の企業・行政・団体との連携プロジェクトを通して、クリエイターとして社会にどう貢献できるかを体験し、その過程における課題や実行後の効果などを実践を通して修得します。 --> 外国語科目 日藝では多様な外国語を学べます。1年次では1つの語学を選択し、文法・会話を中心に基礎知識を学習します。2年次では1年次と同じ語学を磨き続けることも、新たな語学にチャレンジすることもできます。 教員紹介 久保 陽子[教授]Yoko KUBO[主な担当科目]英語/応用英語/芸術理論演習日本大学研究者ガイド ジュリアン マニング[教授]Julian MANNING[主な担当科目]英語/応用英語日本大学研究者ガイド 齋藤 山人[専任講師]Yamato SAITO[主な担当科目]フランス語/芸術特殊研究日本大学研究者ガイド 松浦 恵美[専任講師]Megumi MATSUURA[主な担当科目]英語/応用英語日本大学研究者ガイド 山﨑 亮介[助教]Ryosuke YAMAZAKI[主な担当科目]英語/自主創造の基礎日本大学研究者ガイド 鈴木 優[助教]Yu SUZUKI[主な担当科目]ドイツ語/自主創造の基礎日本大学研究者ガイド 英語gクラスでの会話授業 保健体育科目 ヒトの身体や健康、運動に関する知識を学ぶ講義科目と、実際に身体を動かして行う実技科目を開講。実技科目では、バドミントンや卓球、トレーニング系種目や、集中で行うゴルフ、スキー、スケートなどのシーズンスポーツも開講しています。 教員紹介 小沢 徹[教授]Toru OZAWA[主な担当科目]健康・スポーツ科学/コンディショニング・トレーニング/芸術と身体日本大学研究者ガイド 畑瀬 聡[准教授]Satoshi HATASE[主な担当科目]健康・スポーツ科学/ソフト・バレーボール/バドミントン日本大学研究者ガイド コンディショニング・トレーニングの様子 シラバス検索はこちら お問い合わせ先・アクセスマップ サイトマップ 受験生の方へ 在学生の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ 学校の先生方へ 一般の方へ 企業の皆様へ --> 個人情報の取扱について このサイトについて 情報公開 ALL RIGHTS RESERVED. COPYRIGHT© NIHON UNIVERSITY COLLEGE OF ART TOP

サウジカップオッズ べらじょカジノ 遊雅堂バカラ 遊雅堂最低賭け条件
Copyright ©ヘルプ&よくあるご質問 The Paper All rights reserved.